おごりまっせ
 おごりまっせ

大阪府八尾市、“ものづくり”でまちと人をつなぐコミュニティ通貨「まちのコイン」を10月21日から実証実験開始

ゲーム
OS
新着ニュース30件






























大阪府八尾市、“ものづくり”でまちと人をつなぐコミュニティ通貨「まちのコイン」を10月21日から実証実験開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社カヤックは、株式会社みせるばやおと協業し、大阪府八尾市にコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」の実証実験を10月21日(金)~2022年3月まで予定している。

おごる
(画像はプレスリリースより)
ものづくりエンターテインメント「モノタメ」を通じて市民へのまちづくり参画・地域活性化を目指す
八尾市は、多くの製造業が集積する国内有数の“ものづくりのまち”。約3,000もの中小企業が集積し、雇用やまちのにぎわいを創りだしてきた。

一方で、製造業が若者の憧れる職種になっていないことや、ものづくり職人の高齢化により技術の継承がなくなる課題なども抱えている。課題解決の一つとして、2018年に株式会社みせるばやおが八尾市と共に始めた、子どもたちに“ものづくり”体験を提供する施設「みせるばやお」がある。

本施設のと取り組みは、ワークショプを通して“ものづくり”に対する子どもたちの興味関心を喚起し、また賛同企業120社(2021年9月21日現在)の交流促進にも繋がっている。

2020年には、賛同企業が“ものづくり”の体験や工場見学そのものを「エンターテイメント」と捉えるオープンファクトリーイベント「FactorISM」を開催するなど、八尾市の地域活性化にも貢献している。

「まちのコイン」を活用することで、ものづくり企業同士のつながりや、そこに参加・応援する人たちを可視化し、さらなるコミュニティの活性を図る。

また、ものづくり企業以外の業種や一般市民の方の「FactorISM」への参加を促し、もっと多くの人が「モノタメ」(ものづくりエンターテイメント)を楽しみ、まちづくりに参画することで、地域活性に繋げることを目指す。

■八尾市「まちのコイン(やおやお)」実証実験概要
実証実験時期:①10月21日(木)〜 10月24日(日)
     ②10月25日(月)〜2022年3月31日(木)(予定)
利用場所:①FactorISMイベント内、②八尾市内全域
利用方法:コミュニティ通貨「まちのコイン」アプリをAppStoreまたはGoogle Playからダウンロード、地域選択で「八尾市」を選択
通貨名:「やおやお」


Amazon.co.jp : おごる に関連する商品
  • 発売わずか20日で重版!『お金持ち、貧乏芸人 両方見たから正解がわかる! 元国税職員のお笑い芸人がこっそり教える世界一やさしいお金の貯め方増やし方 たった22の黄金ルール』さんきゅう倉田(著)(1月21日)
  • 【1月15日】「確定申告」実践セミナー開催。副業や投資の税金から、賢い節税方法までを半日で学ぶ。(ファイナンシャルアカデミー)(12月25日)
  • 株式会社Finatex、auPAY「お金の管理」の証券会社の株式などをまとめて表示できる機能を追加開発(12月24日)
  • 「free入出金管理with GMOあおぞらネット銀行」に「カレンダー機能」を追加(12月21日)
  • 偽の警告画面から電話へと誘導する『サポート詐欺』に注意、独自調査データと詐欺の通話音声を公開(12月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ