おごりまっせ

おごりまっせ

ゲーム
OS
新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社グローバルインフォメーション

データファブリックの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測
2021年4月22日 株式会社グローバルインフォメーション
Yahoo!ブックマーク  del.icio.us はてなブックマーク iza newsing Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「データファブリックの世界市場 (~2026年):タイプ (ディスクベース・インメモリー)・ビジネスアプリケーション (不正検出&セキュリティ管理・カスタマーエクスペリエンス管理・ビジネスプロセス管理・GRC管理)・サービス・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月21日より開始いたしました。

データファブリックの市場規模は、2020年の10億米ドルからCAGR26.3%で成長し、2026年には42億米ドルに達成すると予測されています。ビジネスデータの量と種類の増加、ビジネスの俊敏性とアクセス性に対するニーズの高まり、リアルタイムストリーミング分析への需要の高まりなどのさまざまな要因が、データファブリックソフトウェアおよびサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19がデータファブリック市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、企業は迅速な復旧のための選択肢を見つけ、危機的状況下でもデータにアクセスする必要性に迫られました。バラバラのデータストアでは、情報に基づいた意思決定を行うためのビジネスリーダーの努力が妨げられます。Ernst&Young(EY)は、データファブリックと呼ばれる最新のデータアーキテクチャアプローチを用いて、データがどこにあってもアクセスできるビジネスレジリエンシーデータファブリックを開発しました。データファブリックは、データのエントロピーを高めながら、急速な技術的変化をサポートします。Denodoは、COVID-19の影響を軽減するために、データ仮想化を活用して、複数のソースや国から元々異なるフォーマットで公開されていた重要なデータセットを統合し、そのデータを誰でも利用できるようにする共同イニシアチブ、コロナウイルスデータポータル(CDP)を立ち上げました。CDPとDenodo プラットフォームのデータ仮想化機能を利用して、pmOneは詳細なレポートとAI分析を作成し、pmOne共有コックピット内のすべての情報ストリームをシームレスに調整しました。

牽引要因:ビジネスデータの量と種類の増加

データファブリックのソリューションやサービスは、構造化、半構造化、非構造化のデータセットを統合し、分析するための比類のない機会を提供します。様々なビジネス機能におけるデジタル技術やスマート技術の進化に伴い、ビジネスデータの種類だけでなく、その量も日々増加しています。センサーデータ、ジオロケーションデータ、マシンデータ、ソーシャルメディアやウェブログから生成されたデータ、その他のソースからのデータは、日々膨大に増加しています。これらのデータを保存し、そこから知識を得ることは、ほとんどの組織にとっての関心事となっています。データファブリックは、さまざまなソースからのデータを統合し、大量のデータを保存し、1か所でシームレスに分析することを可能にします。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama997326-data-fabric-market-by-type-disk-based-memory.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ